プログラムで育成する技術者像


 農業・農村環境の再生,創出,保全に向けた教育を視野に,土,水,気象に関する自然・社会科学の基礎学を修得させ,
 安定した食料供給に資する生産基盤の持続的な開発,保全,管理,及び自然環境と調和した物質循環型の農村空間の
 創出に関わる人材を養成する。


 ○高い専門性と技術力を有するとともに,多様な現代社会において高度な問題解決能力を具備し,特に指導的な立場で活躍できる農業土木技術者の育成

 ○新しい科学技術を吸収・深化させる能力,社会人・職業人として多様な文化の存在と現代社会の抱える諸問題を客観的に理解できる能力や問題発見・解決能力
   ならびにプレゼンテーション能力を備えた農業土木技術者の育成

 ○九州大学農学部の建学の精神である『わが国の西南暖地農業』,『中国大陸農業』ならびに『熱帯地域農業』,現在の九州大学教育憲章にも謳われている『アジア』を明確に意識し,
   国際的に通用する農業土木技術者の育成



プログラムの学習・教育到達目標


 九州大学農業土木プログラムでは,同プログラムの履修生が卒業時までに確実に身に付けておくべき知識・能力を具体化した目標としてA〜Fを設定しています。
 これらA〜Fは,上記の技術者像に基づくとともに,JABEE 共通基準 1 に沿って設定されています。


 学習・教育到達目標と基準1の(2)の(a)〜(i)との対応

(A)  数学,自然科学などの基礎学力の修得と新しい科学技術を吸収・深化させる能力。
(B)  多様な文化の存在と現代社会の抱える諸問題を客観的に理解できる能力。
(C)  農業土木技術者として必要な知識・技術の修得。
 C1 農業土木学の専門基礎,特に土質力学,水理学,構造力学の理解。
 C2 土,水,基盤,環境に関する計画・設計の基礎の理解 。
 C3 実験や調査の計画・実行,データ解析およびレポート作成の能力。
(D)  社会人・職業人として必要な知識・技術の修得。
 D1 遵守しなければならない技術者倫理の理解。
 D2 責任と義務を共有し,効果的にチーム活動ができる能力。
 D3 英語を主とした語学力ならびにコミュニケーション能力。
 D4 情報処理技術の修得。
(E)  問題発見・解決能力ならびにプレゼンテーション能力。
 E1 課題を設定し,実行計画を立てるとともに,それを実行する能力。
 E2 課題への取り組みを自主的,継続的に遂行する能力。
 E3 課題への取り組み結果をまとめて発表する能力。
(F)  グローバルな社会の中で,特に九州地域やアジアモンスーン地域における農業の展開に係る農業土木技術者の役割を認識できる能力。



農業土木プログラム指定科目と必修科目


  「農業土木プログラム指定科目」とは,同プログラムの修了に必須な科目のことであり,いわゆる,“農業土木プログラムにおける必修科目”という位置づけです.
 ただし,「必修科目」は一般に学部の卒業要件に用いられる言葉ですので,混同を避けるため,「プログラム指定科目」という名称を使っています.
 なお,農学部履修案では,本プログラムとの関連性があり,農業土木学の周辺領域のより多様な知識修得に役立つ科目を「プログラム推奨科目」と表記し,
 これらはいわゆる「選択科目」に該当します.


 九州大学シラバス

 授業科目と学習・教育到達目標の対応(平成25年以前入学者)
 授業科目と学習・教育到達目標の対応(平成26年以降入学者)



カリキュラム設計方針


 学習・教育到達目標を達成するための授業の流れや科目との対応を示しており,入学年度によって異なります。

 学習・教育到達目標を達成するために必要な授業科目の流れ(平成25年以前入学者)
 学習・教育到達目標を達成するために必要な授業科目の流れ(平成26年以降入学者)



学習・教育到達目標を達成するために必要な主要授業科目の評価方法と評価基準


 プログラムの各学習・教育到達目標に対する達成度を総合的に評価する方法と評価基準が定められ,それに従って評価が行われていること,
 そして修了生全員がプログラムのすべての学習・教育到達目標を達成していることが,規定されています。
 九州大学農業土木プログラムの対応は以下のとおりです。


 ○4年次終了時に,農業土木プログラム修了判定委員会(平松・原田)が,プログラム指定科目の授業記録から各授業・Eネ目で掲げた学習・教育到達目標が
  達成されていることを確認した上で,表4で規定した各目標の達成に必要な授業科目の修得状況からプログラムの修了を判定しています。

 ○3年次後期終了時に,農業土木プログ・宴修了判定委員会(平松・原田)がプログラム指定科目の履修状況を確認し,必要に応じて履修指導をしています。

 学習・教育到達目標とその評価方法・評価基準(平成25年以前入学者)
 学習・教育到達目標とその評価方法・評価基準(平成26年以降入学者)