JABEEプログラム Q&A

質問にお答えします。

Q01:
JABEEプログラム修了資格のメリットはなんですか?
A01:
@技術士(業界では非常に価値ある資格)の一次試験が免除され,修習技術者の資格がとれます。この資格があれば,農業土木関係以外の技術士を受験する際にも一次試験が免除されます。このため,就職時に有利となります。
A専門知識とその応用力をしっかり身につけますので,公務員試験,コンサルタンツ,ゼネコンの採用試験などにも有利となります。
B海外にも,九州大学農学部生物生産環境工学分野JABEEプログラムとしてWebで公開されますので,留学したり,外資系の会社に勤めたり,日本の会社から海外に派遣された場合に役に立ちます。将来,国際的な活躍を目指す諸君にとっては必携と言えるでしょう。とくにワシントンアコード加盟国の米国,カナダ,英国,オーストラリア,ニュージーランド,香港,南アフリカ連邦等の大学での資格認定と同等であることが保証されます。

Q02:
指定科目は全部取得しなければなりませんか?
A02:
 農業土木プログラム指定科目は,本プログラムが掲げる学習・教育到達目標A〜Fを達成するために必要な科目ですので,農業土木プログラム履修生は指定科目を全て取得する必要があります。

Q03:
農業土木プログラムと生物生産環境工学プログラムの違いは何ですか?
A03:
 受講科目(実験・実習も含めて)の講義内容は両プログラムで同じですし,成績評価方法・成績評価基準も同じです。授業の中身という視点ではプログラムの違いはありません。
生物生産環境工学プログラムの履修生は,農業土木プログラムに比べて選択必修科目や選択科目の選択の自由度が大きい点が異なります。
また,農業土木プログラム履修生は,本プログラムが掲げる学習・教育到達目標,ならびにその目標達成と履修する授業科目との関連性を理解しておく必要があります。

Q04:
農業土木プログラムでは,もし基準に達しない科目があった場合,卒業できないと聞きましたが心配です。
A04:
 JABEEでは教育・学習の質を審査します。したがって,60点以上に達しない学生については再試験,再履修等によって,基準レベルに達するように支援します。
実験,演習,実習科目についても,レポートの書き方などについてアドバイスし,基準以上のレベルに達するように支援します。
したがって,向学心・向上心を継続し学習していれば問題ありません。これは地域環境工学プログラムの諸君も同じです。

Q05:
農業土木プログラムに入った後,生物生産環境工学プログラムに変更できますか?
A05:
 JABEEでは認めないようにしています。選択前に情報を十分流しますので,しっかり考えて選択してください。
両者の違いは選択科目の自由度の点,実験,演習,実習科目の達成レベルであることをよく理解しておいて下さい。

Q06:
農業土木プログラムでは指定科目が多いので,かなり履修がきついのではないでしょうか?
A06:
 これまで先輩達が履修してきた科目より5科目多い程度ですので無理は無いと考えています。配布資料を見れば安心するでしょう。
 また,学生諸君の意見を聞きながら進めますので,無理がある場合はその旨申し出て下さい。指定科目の軽減も考えます。

Q07:
JABEE審査に必ずパスするのですか?
A07:
 100%パスするとは明言できませんが,学生諸君の学習意欲が十分であれば問題ないと考えています。